萌えるフィギュアを作ろう?

フィギュアの原型製作とかを頑張る趣味な日記かな

まだまだ問題だらけ~(´Д`)


前に報告した新しいファームウエアですが、一見大丈夫かと思ったら問題が・・・
オートレベリングでSWが認識されておらず、そのまま台に激突してしまうという鬼仕様でしたw
要注意です! 惨事になる前に気付いて良かったです(;´Д`)

それっぽい設定の所を色々とイジってみても何故か改善しないので諦めました。

と言う事で、ここらでMICROMAKEには見切りを付けて、
大きな声では言えないが他の製品のファームウエアをパクる事にします!(`・ω・´)


買った時にチラッと話した30万位の機種、MAESTORO。
その前のバージョン機種でATOM2.0と言うのがあり、サポートページでFWが公開されています。
(MAESTROのは公開されていない。)
ココ http://www.atom3dp.com/en/support/

前のと言ってもコレと言う違いが分からない。 日本のサイトからはATOM2.0の存在は消されているので、
ただ単に海外向けってだけで同じ物な気もします。 たぶん?

最新バージョンはLCDが文字化けして使えませんが、ベータ版は認識しました。
本体のサイズが違うためそのままでは使えないので。各種数値を変更して何とか使えるようにしました。 (^^)

ATOM2.0はLCDの操作だけでオートレベリングが出来たり、その他メニューもだいぶ分かりやすい。


オートレベリングSWの可動部分の動きを改善して、そこそこ使い物になる精度になりました。
バネを長いのに交換し、内部に通して動きの邪魔をしていた配線を外に出したら、
以前はSWが押されるのにかなり力が必要でしたが、軽いタッチで反応するようになりました。
DSC06458.jpg


クリアと肌色っぽいPLAフィラメントを新たに購入。 Amazonで1980とお安くなってたので。
クリアはあまり使い道無さそうな気もしますが試しに。^^;
DSC06461.jpg







  1. 2016/07/17(日) 13:06:41|
  2. 3Dプリンター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<出来た~ | ホーム | 複製しました>>

コメント

はしめまして。
いろいろ興味深くブログ読ませて頂いております。
そのなかでもこのATOM2.0のファームを使う試みが凄いなと思います。
できれば私も試したいと思っていますが変更した数値など教えて頂けいでしょうか。
よろしくお願いします。
  1. 2016/07/28(木) 13:17:39 |
  2. URL |
  3. てとら #n3OUV01U
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

てとらさん 初めまして。
全く需要のない記事かと思っていたら、見てくれている方がいたんですね!
コメント有難うございます(^^♪

基本的にはConfiguration.hの設定だけで使えました。

#define DELTA_SEGMENTS_PER_SECOND 120  円を印刷する分解能。初期値は200 上げすぎると処理が追い付かないらしい。 

#define DELTA_DIAGONAL_ROD 216.0 // mm ロッドの長さです。 これにより出力サイズが変わります。 

#define DELTA_SMOOTH_ROD_OFFSET 0.0 // mm  この3個は0でOK。DELTA_RADIUSの計算で使われるだけなので。  
#define DELTA_EFFECTOR_OFFSET 0.0 // mm
#define DELTA_CARRIAGE_OFFSET 0.0 // mm

↓水平移動の調節。 実際にプリントして何度か調節が必要です。うちはこの数値でピッタリでした。  
#define DELTA_RADIUS 95.7 // (DELTA_SMOOTH_ROD_OFFSET-DELTA_EFFECTOR_OFFSET-DELTA_CARRIAGE_OFFSET)

プリント範囲。  安全のためにもっと小さい方が良いかもです。
#define X_MAX_POS 90
#define X_MIN_POS -90
#define Y_MAX_POS 90
#define Y_MIN_POS -90
#define Z_MAX_POS MANUAL_Z_HOME_POS
#define Z_MIN_POS 0

印刷面からノズルの高さ。 最初は実測値より少なく設定しないと激突の危険があります。正確じゃ無くて良いです。
#define MANUAL_Z_HOME_POS 340

オートレベリングの間隔。 18くらいが良さそうです。
#define AUTOLEVEL_GRID 18

ホーミングスピード。
#define HOMING_FEEDRATE {60*60, 60*60, 60*60, 0}

モーターのステップ数。 ご自分の仕様に正しく合わせてください。
#define DEFAULT_AXIS_STEPS_PER_UNIT {100, 100, 100, 150}

↓ まぁ適当ですw
#define DEFAULT_MAX_FEEDRATE {200, 200, 200, 200}
#define DEFAULT_MAX_ACCELERATION {3000,3000,3000,3000}
#define DEFAULT_ACCELERATION 3000
#define DEFAULT_RETRACT_ACCELERATION 3000


後はエンドストップの設定と、モーターの回転方向が違っていれば変えて下さい。
書き込み後、EEPRAMのデータを初期化して設定を反映させないと、前の設定が邪魔をするかも知れません。


初心者がトライ&エラーの繰り返しなのでやってる事なので、
間違っている所もあるかと思いますが、あしからず(^^;)
動かす時はいつでの緊急停止出来る様に、リセットボタンに手を置いといて下さいませ。


こちらとか分かりやすく参考になると思います。
://rockhopper.xyz/2016/02/25/delta-3d-printer-calibration-revised-version/
 (httpを足してください)

ちなみにATOM2.0ファームウエアはスライサーのスピード設定が反映されて無いのか?
何故か爆速で動きます。 LCDに付いてるボリュームを回すとスピードが変わるので、
60%前後にしとくと良いと思います。

途中でフィラメントを交換できる機能などありますが、
オートレベリングが正確に機能しないようなら、これを使う意味は無いと思います。
接近センサーにしてから上手く行かなくなってしまい、今はまた Repetier Firmware に戻ってます(^^;)


今後も気になった事があればお気軽にどうぞ~(^^
  1. 2016/07/28(木) 16:51:22 |
  2. URL |
  3. キュー #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

補足

#define X_MAX_POS 90
#define X_MIN_POS -90
#define Y_MAX_POS 90
#define Y_MIN_POS -90

が小さくても
#define AUTOLEVEL_GRID
が大きいとオートレベリングで機械の限界を超えて動いてしまいますので、
様子を見て調節してください。 


あと誤字訂正EEPRAM → EEPROM
  1. 2016/07/28(木) 17:36:24 |
  2. URL |
  3. キュー #-
  4. [ 編集 ]

早速の情報提供ありがとうございます。
今週末試して見たいと思います。

あと、v2.0.7はコードをちょっといじれば動きそうです。
良い結果が出ればお伝えします。

ありがとうございます。
  1. 2016/07/29(金) 08:24:52 |
  2. URL |
  3. てとら #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

新しい記事に書きましたが、v2.0.7も動きました。

何か他にも修正の必要を発見したら教えてください~(^^


  1. 2016/07/29(金) 12:35:49 |
  2. URL |
  3. キュー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ftukurou.blog41.fc2.com/tb.php/662-685cef04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)