萌えるフィギュアを作ろう?

フィギュアの原型製作とかを頑張る趣味な日記かな

3Dプリンター 買ったよ! ~まえがき~

遂に… キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
3Dプリンターをポチりました~!!

一ヶ月ほど前から散々悩んだ末に購入し、木曜にようやく届きました!


最終的にどれを選んだのかと言うと、「MICROMAKEのデルタ型 。 D1_3」です。
まぁ中華製の安いやつですが、その中でも一番良さそうなのを選びました。
メーカーHP http://micromake.cn/

安物キットを選ぶ上で重要なのはスペック以外に、
・最低でも英語の説明書が存在するか? キットには付属しない事が多いのでDL出来るか?
・同じ物を買った人のブログ等で組立や調整等の情報がある。
でないと買っても作れませんw
今回買ったのはHPは中国語ですが、説明書はPDFで一応英語の物が用意されており、
組立動画もあるので何とかなります。

組立から調整・改造まで、先人のブログも多数あるので安心です! (*^^*)



最初良いなと思った「MAESTRO」と言う高級機種があります。
http://www.maestro-3dp.com/
それは約30万円で精度もかなり良いらしい。
MICROMAKEのはどう見てもソイツのパクリ商品と言った感じw
勿論色々と違いはありますけどね。
一応精度等スペック上はMAESTROと大差ありません。 造形サイズが少し小さいくらいです。

どちらも組み立てキットです。 ※MAESTROは完成品も売ってますが



3DプリンターはRepRapと言うオープンソースのプログラムが公開されており、
部品を揃えれてソコソコの工作技術があれば誰でも割と簡単に作れる物らしいです。
最初は完全自作も考えましたが、流石に全く触った事が無いので分からない事が多すぎましたw

主に必要なのは
・arduino (AVRのマイコンボード)
・RAMPS (reprap専用の基板。 モーター等を接続する。早い話がマザーボード)
・ステッピングモーター
・ホットエンド (フィラメントを熱して出すノズルの部分)
・フレームの材料、ベアリング、ネジ等
・設計するセンス

ザックリ言うとこれだけです。 材料費は2万前後で揃うらしいです。
値段を気にしなければAmazonでも揃います。

MAESTROも含め組み立てキット系のプリンターは、ほぼ全てこのRepRapをペースに作られている様です。
自作PCや改造ミニ四駆みたいなもんですね?w

つまり何処が壊れても自分で治せる。
安物でも改造や調整次第で高級機種に負けない、あるいはそれ以上の物に成りうると言うことです。
面白いですね~(^^)


最早「3Dプリンターを作る」がメインの目的になっている事は言うまでも無いw(;´∀`)
今の所これでフィギュアをと言うのは、そんなに期待してないですw 出来たら良いな~ くらいで。


…さて、長くなるので次回 につづきます~






  1. 2016/06/11(土) 08:21:57|
  2. 3Dプリンター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3Dプリンター 買ったよ! ~購入編~

さてさて、続きです(^^)ノ 長文ですが興味があればお付き合い下さい~


前回申しました通り、色々調べてMICROMAKEのD1_3を買った訳ですが。 (以降 デルタ と呼称します)


まず何処で買うかですね~ 。
日本のサイトではまだ売っている所は無さそうです。 たぶん
海外通販の有名所 aliexpress や 世界的オークションサイトのEbay がお手軽な入手先です。


だが調べている内に「タオバオ」なる物の存在を発見。 (゜レ゜)
中国の楽天の様なショッピングサイトらしいです。 何でもあって超絶安い!!w
MICROMAKEの直営店が入っているらしく、aliexpressよりも相当安いです。

コレを買いました↓
https://world.taobao.com/item/42916612391.htm?fromSite=main&spm=a312a.7700824.w4004-12199790885.2.vIRasa



しかし問題はサイトが完全に中国語で、基本的に日本には発送してくれないらしい・・・ (´・ω・`)

そこで救世主!、タオバオ代行業者なる物が存在します!
業者の数は数多ありますが、調べた感じ有名なのは、
・タオバオ便 (手数料が無料。 国際送料で利益を出しているらいしい)
・タオバオ新幹線 (普通に手数料かかる)
辺りみたいです。

だいたいみんなタオバオ便を利用している様です。
評判はどちらも賛否両論と言った感じ。 結局は運なのかな? ^^;

なので今回無駄に冒険して別の業者にしましたw (^^;)
タオバオ代行 キング と言う所です。
手数料は無料、たまたまキャンペーン中で振替手数料も無料でした。
今年出来た新しい所らしく、HPは一見綺麗にまとまっていますが、肝心な情報が書いてなかったり
正直全く信用出来ないw 利用した人も評判も一切見つからない。 本気で◯欺かと思いましたw
まぁ結果的にはちゃんと届いたので良かったですが。



代行業者への支払いは2回必要です。
1.商品代金+業者までの中国国内送料
2.国際送料
業者に商品が届かないと国際送料はいくらになるか分かりません。
これはどの業者でも同じみたいです。


今回デルタ本体と、その他2点。 同じ店で安かったので一緒に購入しました。 レートは17.33元=1円でした。
・デルタ本体
1,399元
・ABSプリントに必要なヒートベッドと電源のセット
149元
・PLAフィラメント2巻 (白と黒)
80元

国内送料 45元
国際送料 8319円

合計で38699円でした。
今回、配達時に関税等の請求はされなかった。 後で請求が来るのだろうか? +5千円くらいはまだ覚悟しておこう。
---------------------------



最初の見積もりで中国国内送料が2つ分取られていたので、日本へは一個口で大丈夫か?と問い合わせたら、
見積もりが修正されて安くなったw 何だったんだ? ^^;

その後、取引が進み国際送料を振り込んだんですが、2~3日たっても入金の確認がされない・・・。
問い合わせをするとようやく確認された。 その時週末だったので発送は月曜になるとの事。 (=o=;)
問い合わせに対する返事は一言から1~2行程度で、日本語が変な時があったので恐らく相手は中国人です。

発送はHPにはEMSで発送する様な話でしたが、実際はUKEと言う所が使われていました。
EMSは運が良ければ関税がかからないけど、宅急便の場合はキッチリ関税が取られるらしい?
これで関税取られたらちょっとイラッ☆ ですねw まぁ今は無事届いて機嫌が良いので良いけどね(*´ェ`*)


さてさて それで届いたのがこちらです!
DSC06339.jpg


きたねぇダンボールですw

中身はこちら。 ちゃんと綺麗で特に衝撃を受けた様な感じは無いです。
DSC06340.jpg

・・・? 電源セットとフィラメントが無い?? オイオイマジかよ・・・(´゚д゚`)
と思ったら本体箱の中にちゃんと押し込まれていましたw

中は綺麗に箱で小分けされています。
DSC06341.jpg

ヒートべッドと12Vスイッチング電源。 (元々付いているACアダプターではヒートべッドと使うにはパワー不足なので必要)
DSC06343.jpg

PLAフィラメント。 梱包ギリギリ収まっていたので、2個買って正解だった。
DSC06342.jpg


久々にテンション上がって来ましたね~!
せっかくなので組立も気になった所を紹介していこうと思います (^^)

次回へ続く~











  1. 2016/06/11(土) 21:17:28|
  2. 3Dプリンター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3Dプリンター 買ったよ! ~パーツ確認 ~

どうもです。 ブログネタを温存したい所ですが連続更新です!
次からはちょっとゆっくりにしよう~^^;

早速中身を確認して見ます!(^^)

コーナー等のプラパーツ。
キットのプラパーツはプリント品だったとよく聞きますが、このキットにプリント品のパーツは無かったです。
DSC06344.jpg

ステッピングモーター。
DSC06350.jpg

リニアレールとアルミのフレーム材 ネジ類
DSC06345.jpg DSC06347.jpg

金属物はどれも油でデロンデロンでしたw ネジなんか袋の外側までベタベタで、中に油が溜まっている程です(;´∀`)
そんなに錆びやすい金属なのか?・・・(^^;)
流石にこのままでは作業出来ないので、ネジ類は全てブレーキクリーナーで洗浄しました。


コンセント。 穴が無い! (゜レ゜) ショボいので別のを使おうw
DSC06346.jpg


LCDユニット。 裏にSDカードが入るようになっていますね。
DSC06369.jpg
DSC06370.jpg

基板。 arduinoとRAMPSが一体化した基板です。
電源の入力がDCジャックでは無く、高耐圧のターミナルが最初から付いていた。 親切ですね(^^)
普通のDCジャックでは熱で溶けるらしいですw 改良されたのかな?
各ICにヒートシンクを付けた方が良いらしいです。
DSC06371.jpg


特に見て気付く問題は無い様です。 一安心かな?

後は組みながら紹介していこうと思います~。
ではまた次回~(^^)
  1. 2016/06/11(土) 22:18:45|
  2. 3Dプリンター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3Dプリンター 買ったよ! ~組立編 1 ~

さてさて ガンガン組み立てますよ~ (^o^)
ザックリな流れだけですが、気になった所は書いていきます~。

~とその前に
前に書きましたが、メーカーHPから説明書と組立動画がLD出来ます。 (その他ソフト等も色々と)
動画はDLしなくてもYoukuにも上がっています。 動画は見なくても大丈夫ですが、分かり難い所だけ映像で確認すると良いです。

ダウンロードページは日本からのアクセス制限がかかっている様で、上手くDL出来ませんでしたが、
ブラウザにIPアドレス偽造のアドオン、 atealthyを入れたらスムーズに出来ました。

追記 6/16--------------------------------
動画はyoutubeにもあった。
https://www.youtube.com/channel/UCY9sDyEi81z3GjXhwGiP_RA

説明書はここにも
https://drive.google.com/folderview?id=0B1DQUrzkDP-tNDU0NXhVcGhlc0k
----------------------------------------


では! とりあえず説明書の順番通りに作ってみます!


まずはフレームの上下、三角の部分の組立です。

こんな感じですね。
3つをを合わせる時に意外とコツがいります。
DSC06348.jpg

上のコーナーにはベアリングを取り付けます。
DSC06349.jpg

場所によっては一般的なサイズのレンチでは長くてネジが回せません。
六角レンチはいくらでも転がっているので、一本短く切りました。
DSC06353.jpg

下のコーナーにはモーターを付けます。
DSC06354.jpg

プーリーは下から3ミリの位置に付けろと書いてあるので、3ミリのドリルを挟み全て均等に取り付けます。
DSC06352.jpg


やってることは簡単ですが、ネジが回し難いしパーツの向きを間違えたりと、意外と時間かかってしまいました(;´Д`)





次に縦三本の柱を付けます。
DSC06357.jpg

プラパーツの穴がキチキチで、無理に入れようとするとパーツが削れるので少し面取りしました。 (下だけ)
少しグリスを付けて、当て木をして叩いて奥まで入れました。
DSC06355.jpg

真ん中の穴にエンドスイッチの配線を通しておきます。
DSC06356.jpg


上の三角はまだ付けません。


いや~ このような物を作るのは楽しいですな~~w (*´ω`*)

次回へ続く~~
  1. 2016/06/12(日) 03:24:47|
  2. 3Dプリンター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

3Dプリンター 買ったよ! ~組立編 2 ~



ホットエンド周りを組み立てます~。
3Dプリンターのメインパーツ? ですね(^^)

これがホットエンドです。
DSC06358.jpg
左側のブロック部分にヒーターとサーミスタ(温度センサー)を取り付ける様になっています。

この向きで取り付けます。
DSC06360.jpg


オートレベリング用のスイッチとファンも取り付けます。
DSC06359.jpg DSC06381.jpg

オートレベリングは組み立てるまで構造がいまいち理解出来ませんでした。
可動部分に配線が干渉したり、パーツの合いがキツイので
グリスを塗ったり配線が邪魔しないように丁寧に調整する必要があります。

ノズルの先端を傷めるので、出来るだけ弱い力でスイッチがON-OFFされるのが理想ですが、
この構造ではけっこう無理がある気がするw
出来る限りスムーズに動くようにはしたけど、硬いです… これで良いのか?
後は実際動かして見ないと分かりませんね~。


アームの取り付け。
DSC06380.jpg
リニアベアリングで付いていますが、若干横方向のガタ付きがあります。
輪ゴムやバネでテンションをかけると良いらしいですが、
いずれはボールスタッドと磁石で固定するタイプに改造してみたいですね~(^^)

プラパーツのネジ穴はキツすぎたので、ネジと同じ3mmで開け直しました。
中に仕込んだナットで止まっているので、穴がキツイと上手く締まりません。
脱着も楽になります。

DSC06361.jpg
この部分に使うネジは付属品の20Mだと長すぎてシッカリ入りませんでした。
仕方ないので2ミリほど切って取り付けました。



それっぽくなって来ましたね~ (*´ω`*)
DSC06364.jpg

ベルトはとりあえず仮止め。 後で3本の長さを合わせて張り具合を調節します。
DSC06365.jpg


エクストルーダー。
フィラメントを送り出す装置です。
DSC06368.jpg

ベアリングでギアに押し付けるのに、バネがあった方が良い気がするので、早くもプチ改造w
良い感じになった(*^^)v
DSC06382.jpg




あとは基板を付ければ組立は終わりですが、注文しているヒートシンクが来ないと進めません~。
アキバが30分圏内だったらな~(~o~) いや! ダメな人になる!! 十分駄目だが!!!W

まぁたぶん今月中にはと言った感じです。
・・・少しはモデリングの練習もするかw



  1. 2016/06/13(月) 22:48:11|
  2. 3Dプリンター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ