萌えるフィギュアを作ろう?

フィギュアの原型製作とかを頑張る趣味な日記かな

初焙煎

自作焙煎機で初焙煎しました!(*^^*)
友達がお試しで生豆をくれたので、色々教わりながらいっしょに焙煎してお茶会をしました。

ベランダで10分くらいクルクル~。
最初は湿気がありジャラジャラと重い感覚が徐々に軽くなって行き、香りも変化して行くのが分かります。
楽しい~(*´∀`*)  
IMG_5489.jpg
風防の中には餅焼き網の遠赤外線が出るセラミック網が入れてあります。

色が変わりしばらくするとパチパチと「1ハゼ」っと呼ばれる音がして来ます。
その後一旦治まり音色が違う「2ハゼ」があるらしいですが、
そこまで行くとだいぶ深煎りなので今回は1ハゼが終わった辺りで止めました。
火を止めたらドライヤーで冷却して完成です。

最初は上手く行かないだろうと思っていましたが、とても綺麗に焙煎できました!
生豆と比べると倍くらい大きくなりますね~。
今回の豆はブラジル・サントス 19 #2 って豆で焙煎しやすい物らしいです。
IMG_5493.jpg


焙煎中はチャフと呼ばれる薄皮が思ってる以上に大量に出るので、室内での使用はよした方が良いですねw
焙煎機の使い心地は軸受(台座側)はもっとシッカリしないとダメですが、それ以外は完璧でした!
撹拌も良い感じ。 丈夫でそれなりに長く使えそうです。我ながら自信作!(*^^*)


コーヒーは焙煎から1~2日たたないと深い香りが出て来ませんが、折角なので焙煎直後に飲んでみました。
焙煎直後にしか無い若い感じ、これも好きです。  
直火だからか直後の段階にしては香りもよく出ていると思います。
普通に薄いとか物足りない感じはしませんでした。
時間が立つとどうなるか楽しみです。

豆をそもまま食べても意外とイケる!
市販の豆は固くて食えないけど、ポリポリと食べられます。 普通に沢山食える感じでは無いですがw
チョコとか付けると良いみたいです。

あ~、次の焙煎が楽しみです!
今回200グラムやったのですぐにやっても余らせてしまう。^^;
いろいろな品種を試してみたいですね。

七輪とか使って炭火も試してみたいな~。



追記 ------------------------------

一日たって改めて味わうと、少し焦げ味が強く出てきた。
好みの問題ですが普段飲みにはもう少し浅煎りの方が飲みやすいですね~。
ちょうど良い所で焙煎を止めるのはだいぶ慣れが必要そうです。

  1. 2017/11/23(木) 14:57:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コーヒーの焙煎機を作る!

友人がコーヒー焙煎機を持っておりチョイチョイ煎りたてを頂きます。
先日安めで良さそうなオススメ機種なんかの話を聞き、かなり前から薄々興味はあったので見てみました。

焙煎機と言っても色々と種類があります。 ザックリ分類すると・・・
1・フライパンに毛の生えた様な単純な手で振るタイプ。 (数千円)
2・カゴや筒の様な物をコンロの上でクルクル回すタイプ。 (1万数千円~。 電動とか少し良いやつは3~4万~)
3・全自動みたいな感じで高機能なやつ。 (8~10万~)
4・もっとガチなやつ。 (値段は知らん)

たぶんこんな感じ。  
 ちなみに友人が持ってるのは3の大人気な機種らしいです。

1・2はセンサーやタイマー等無いので全て自分の判断で行う必要があり、
上手く出来れば3の機種をを超える焙煎が出来る可能性もあるらしい。

まぁお試し程度の気持ちなので2ですね。 1は振るのが疲れるので論外。

オススメされたのはアウベルクラフトと言うメーカーのキット。→こちら


1万3千円くらいと値段が安い割に意外と良さそうな作りです。
豆を入れるカゴが四角で円形の物より良く撹拌されて良いみたい。

この値段なら買ってしまっても良いですが、超時間がかかる水出しコーヒー機や
美味しく出来るけど管理が面倒なネルと同様・か・な・ら・ず(笑)飽きるので
見てくれにそれほど拘らなければ作れるので作ります。。。

~~~前置きが長くなりましたがここから本題です!


とりあえず材料集めです。 100均やホムセンをウロウロ。
アウベルクラフト同様四角形にしたかったですが、出来合いのキッチリ四角い使えそうな物が見当たらない。
ステンレス板は高いし箱型にするのは大変だし妥協して円形で作ります。

・100均で見つけたステンレス製の排水口カバー。 100円とは思えない剛性です。
イメージは良くないけどね(^O^;)  ほぼ完璧なサイズと形状です!

・ホムセンでステンレス製の網。 10センチ切り売りでで400円くらいでした。
網目の大きさは5ミリ。 1メートルあるので2個作れます。

IMG_5430.jpg


・あと0.5×200×300ステンレス板2枚。 ヨドバシで一枚400円くらい。
下の土台、風除け部分に使います。

最重要パーツはこれだけです。
その他必要なネジやパイプ等は家に転がっているものを使います。

 
カバーの内側は穴のバリが大きく、このままだと焙煎中に豆が傷つきそうなので綺麗にしました。
IMG_5433.jpg

ボール盤に面取りビットで。その後ペーパー等で適当に。 触っても引っ掛かりが無くなりました。
IMG_5434.jpg

豆の出し入れ口を作ります。
一見ランダムに見える穴ですがよく見るとキッチッリ法則があるので丁度いい場所に。
非力なジグソーではしんどい硬さでした。(;´Д`) その後棒ヤスリやリューターで綺麗に。
IMG_5431.jpg

 0.5mm端材のステンレス板でスライド式の蓋を作りました。
IMG_5436.jpg

網をいい感じに丸めます。意外と難しい(汗)
IMG_5432.jpg

ステン端材で内側に豆の撹拌翼を作ります。
出入り口の所に沿って付けたので、豆を出す時にガイドになって出し易くもなるはずです。
プレートに段差があるので、これが無いと缶のコンポタのように出て来ないと思われ。 不安は残るけど。。
IMG_5438.jpg

20センチの長いネジを軸にパイプやスペーサー等を組み合わせて本体完成!
けっこうカッチリ出来て強度も問題無さそうな感じです。(^^)  網の部分だけ潰さないように気をつける必要はあります。
もう排水口の蓋とは感じません! ・・・かな?w

IMG_5478.jpg

IMG_5475.jpg


台に乗る部分は微妙に長さの違うパイプを二重にしてスムーズに回るようにしました。
ベアリング程ではないけど良く回ります。  
IMG_5476.jpg


取っ手には贅沢にベアリングを二個使用w 余ってたので。
ここに木で作った柄を被せてあります。
IMG_5448.jpg

蝶ネジで蓋の締付け具合も調節できます。
IMG_5477.jpg

ステン板を折って作った台に載せて完成です!! (*^^*)
後は実際使って撹拌翼の角度を調節したり、火との距離を検証したりですね。
IMG_5472.jpg

軸受部分はとりあえずクリップで仮のものを。 意外とズレないし安定しているのでこのままで良いかもw
IMG_5473.jpg

下もコンロからズレないようにクリップで。 ステンレス板の角はアルミアングルをリベットで止めました。
IMG_5474.jpg


材料費2千円くらいで出来ました。 今回端材など元々あった材料も使いましたが、
全部揃えても4~5千円で出来ると思います。 

こう言うのはキットより自分で作った方が愛着が段違いだし、
工作難易度自体は低~中だったので、楽しく作れました。
 
ただステンレスは硬い! 切るのも曲げるのも大変でした。 ジグソーの刃は何本か折りました。^^;

そのうち生豆を入手して焙煎してみたいと思います!
上手く出来るといいですね~。(*^^*)


 







    
  1. 2017/11/20(月) 22:19:03|
  2. どうでもいい工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またちょっと修正

帽子が上手く複製できなかったので分割しました。

↓分割前。 シリコーンを流す時にオーバーハングになった部分の気泡が酷かった。
 横着はいけませんね~w
IMG_5418.jpg

~のでこんな感じに。 組むのに一手間増えますが上のブツブツを消すよりは楽だと思います。^^;
IMG_5421.jpg

IMG_5422.jpg


仮組み出来ました。  次からは塗装に入れると思います(*^^*)
IMG_5424.jpg
  1. 2017/11/16(木) 00:17:57|
  2. フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貴金属洗浄剤 PMC-10

今回はちょっと毛色を変えて便利グッズの紹介です~。

金属用洗浄剤 PMC-10 です。
ザビが出て汚くなった金属パーツなど、これを使うと漬けておくだけでピッカピカになります。
特にピカール等で磨くと色が落ちてしまうゴールドメッキの物などにはかなり有効です!
メッキを傷めずに汚れだけ落とすことが出来ます。
超音波洗浄機で使うと完璧です。
IMG_5413.jpg

まずは試しにペランダに転がってた古いリール。 (捨てろよw)
糸が通る部分のパーツが錆びていてこのままでは使えません。 
IMG_5406.jpg

分解して洗浄液に漬けるとこの通り。 ピカピカになりました!( ^ω^)
軽いサビなら数分~せいぜい1時間程度で綺麗になります。
DSC_0158.jpg



お次はギターのペグです。
自分が生まれる前から家にあった物で、何と言うかもうボコボコです。^^;
完全に粉吹き芋状態ですねw  逆にレトロ感があって良いと言う人もいるでしょうが、まぁ…。
 DSC_0159.jpg

DSC_0160.jpg

DSC_0161_2017110813434648d.jpg

ここまで酷いと流石にすぐには落ちないので一晩漬けておきました。
5~10倍に薄めて使う物ですが、適当に薄めたのでたぶんもっと薄いです。30倍くらいかな?
DSC_0162.jpg

茶色いサビは少し残っていますが、粉っぽいサビが取れて艶が出ました!
DSC_0163_20171108135621630.jpg

これでも十分ですが更にブルーマジックで磨いてみるとピカピカに!
 磨き後← →磨き前
DSC_0164_201711081401530e3.jpg


洗浄前と比べると同じ物とは思えないくらい綺麗になりました(*^^*)
ま、弾かないけどねww
DSC_0167.jpg

DSC_0165.jpg

200ccのお手頃サイズがヨドバシでも売ってるので、試してみては如何でしょうか。
楽に綺麗になるのでメンテが楽しくなりますよ~( ^ω^)
  1. 2017/11/08(水) 14:39:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リテイク

気を取り直してやり直しです~。

ついでに分割を見直しました。 
左腕とちょむすけの頭を分割しました。 複製の都合もですが、塗るのも楽になったはずです。

前回は古くて硬い粘土を使ったのがよろしく無かったので新しい粘土を買いました。
新品は超柔らかいですね!!w 作業性も圧倒的に楽でした。
なんか以前にも似たような事言った気がするけど、もう絶対に毎回使い捨てにする!


IMG_5402.jpg
  1. 2017/11/06(月) 20:31:01|
  2. フィギュア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ